pageTop

赤尾照文堂は、京都の寺町二条に店舗を構える古書店です。
Akao Shobundo wood block prints shop Kyoto, Japan

うた絵

  • うた絵
  • うた絵
  • うた絵
  • うた絵
  • うた絵
  • うた絵
  • うた絵
  • うた絵
  • うた絵
  • うた絵
165,000円(税15,000円)
うた絵

著者 神坂雪佳
著者ヨミ カミサカ セッカ
出版元 芸艸堂
初版年 昭9
刊行年 昭9
サイズ(判型) 32×23

解説 彩色木版全25図 改装本

彩色木版画 木版刷 版画 彩色木版刷 神坂雪佳 芸艸堂 雪佳

神坂 雪佳(かみさか せっか)1866年-1942は、近現代の日本の画家であり、図案家
京都に暮らし、明治から昭和にかけての時期に、絵画と工芸の分野で多岐にわたる活動をした。

16歳で四条派の日本画家・鈴木瑞彦に師事して絵画を学び、装飾芸術への関心を高めたのちの1890年には図案家・岸光景に師事して工芸意匠図案を学び,岸が傾倒していた琳派に魅かれるようになった。

1901年には、イギリスで開催されたグラスゴー国際博覧会 (Glasgow International Exhibition) の視察を目的とし、世界各地の図案の調査を兼ねて渡欧。
当時のヨーロッパではジャポニスムが流行し、日本美術の影響を受けたアール・ヌーヴォーが花開いていた。神坂もそこで日本の優れた装飾芸術を再認識したという。

琳派に傾倒し、琳派の俵屋宗達らが使った絵具のにじみを利用する画法たらしこみ、デフォルメ、クローズアップ、トリミングを用いた大胆な構図、など、琳派の影響を受けながらもモダンで明快な作風がある。
染織や陶芸・漆芸など暮らしを装う工芸品の図案も積極的に行った。

カテゴリー/Category